【連載第2回】ブランドとは「個人の主観」からくる哲学である〈企業哲学①〉