テレワークで自宅の仕事用スペースと郊外居住増加を予測