「住宅FCへの加盟」VS「自社での商品開発」のポイントと選択基準