土地取引状況に関する景況判断、東京と大阪で活発 一年後は東京で減退予想