住宅FCのこれからを考える(2)低価格商品と高額商品のとらえ方