「VCは誰のためのもの?」”提供価値”を考える