【三澤文子】「木造の意義をいま、考え直そう」