新規不動産投資意欲が依然として高水準