【塚本浩史】「役に立つ」か「意味」の 二極化へ