「待ってもらえる“唯一無二”の存在」が危機を乗り越える