「子どもや親のため」から「自分のため」の建て替えへ変化