金利上昇続く見通しで、わずかに住宅購入検討者が増加