脱炭素のための断熱強化(等級5、6、7)で九州の全館空調はどうなる!