スルガ銀、不良債権4倍超 シェアハウス向け融資で

スルガ銀行は9日、今年6月末の不良債権額が前年同期の4.6倍の1356億円となったと発表した。取引先のシェアハウス業者が破綻し、投資用不動産向け融資が焦げ付く恐れが強まった。これに伴って不良債権処理費...

>>続きはこちら

出典:共同通信
更新:2018/08/09

住宅ビジネスに関する情報は「新建ハウジング」で。試読・購読の申し込みはこちら

アクセスランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

お役立ち情報を無料で配信

@s-housing
LINE@はじめました
LINE@