浸水被害住宅の電気使用は危険

西日本豪雨では岡山県内各地で停電が相次いだ。停電地域で浸水被害を受けた住宅で、復旧後に電気製品を使う場合には、電力会社による安全点検が必要だ。漏電や断線が見つかれば、専門業者による工事も欠かせない。中...

>>続きはこちら

出典:山陽新聞デジタル
更新:2018/07/10

住宅ビジネスに関する情報は「新建ハウジング」で。試読・購読の申し込みはこちら

アクセスランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

お役立ち情報を無料で配信

@s-housing
LINE@はじめました
LINE@