木造仮設の利用、20年3月まで 住田町、住宅再建を考慮

住田町は、東日本大震災の被災者支援のため町内に建設した木造仮設住宅の利用期限を、原則として2020年3月末とすることを決めた。国の住宅再建支援事業の期限が迫ることや、災害公営住宅の建設が進んだことなど...

>>続きはこちら

出典:岩手日報WebNews
更新:2018/05/16

住宅ビジネスに関する情報は「新建ハウジング」で。試読・購読の申し込みはこちら

アクセスランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

お役立ち情報を無料で配信

@s-housing
LINE@はじめました
LINE@