福島、森林放射線量7割減 自然減衰のペースで低下

東京電力福島第1原発事故後から福島県が毎年実施している環境モニタリング調査で、今年3月の森林の空間放射線量が2011年8月に比べて7割以上減少したことが15日までに分かった。 11年8月から継続調査す...

>>続きはこちら

出典:河北新報
更新:2018/05/16

住宅ビジネスに関する情報は「新建ハウジング」で。試読・購読の申し込みはこちら

アクセスランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

お役立ち情報を無料で配信

@s-housing
LINE@はじめました
LINE@